やはり家庭教師が安心

学校以外での学習の重要性が叫ばれて久しいですが、その学習方法もかなり細分化されてきました。 代表的なところでは、まず学習塾でしょう。 以前のように講師一人に対して生徒が多数という学校に近いものと違い、 講師1人に対し生徒が2人や3人の少人数制のケースが主流になってきています。

つぎが、通信教育でしょうか。 価格も手頃なため子どもが小学校低学年から始めるご家庭も多く、小学生の学校外学習の入り口にもなっています。 そして、忘れてはいけないのが家庭教師。 一時は自宅に呼ばなくてはいけないなどのわずらわしさから敬遠されていましたが、 学校外学習の重要性が問われ再認識されるようになりました。

それでは、なぜ家庭教師が再認識されたのか考えてみましょう。 少子化が叫ばれ、兄弟の人数が減り子ども一人一人の教育にお金が掛けられるようになりました。 同時に1対多数の学校の授業に近い学習塾が、避けられるような傾向もあらわれました。 知っている子が多いため授業に集中できない子どもや生徒の授業に対する理解度の違いで個々の能力が上がるのか という問題も問われ出したのです。そうしたことが家庭教師見直しの要因となったのも事実です。 確かに家庭教師は、直接教え子の能力を把握するにはベストに近い形かもしれません。

そこで、問題になるのが料金のことでしょう。当然直接教えを受ける事がない通信教育が安く、 1対1で教えてもらえる家庭教師が高くなります。しかし、1番の問題は子どもが何を求めているかと言うことです。 基本的に受験を目指す場合、年齢が下がれば下がるほど合格する門は狭くなるといわれています。 しかし、学習塾は年齢が低いほど数が少なくなるのです。そうなれば、必然的に家庭教師などに依存するしかない訳です。 料金が高いからと言って、目指していることを履き違えてしまえば本末転倒です。 今、さまざまな理由から家庭教師が再認識されています。では、家庭教師がどうして良いのか少し考えてみましょう。

やはり家庭教師が安心

なぜ家庭教師良いの?

家庭教師が合う場合

家庭教師の選び方

リンク集

サイトマップ