家庭教師が合う場合

家庭が学校以外の学習を求めるには、2とおりの場合が考えられます。 ひとつは進学や受験のため、もうひとつが学習能力の遅れを取り戻すためです。 進学や受験の場合、教える側に高い能力が求められることがあります。 たとえば、生徒が通っている学校や受験する学校のレベルが高い場合です。

学習塾の場合講師が大学生の場合が多くなりました。 自分が目指している学校のレベルが高い場合、教えてくれる講師がそのレベルにいなければしっかり教わることもできません。 そのことを考えれば、講師を選べないところはレベルが高いものを求める子には不向きだといえます。

また、学習の遅れを取り戻す場合はどうでしょう。学習の遅れについては学校の授業を理解していない場合が多いでしょう。 従って、生徒数が多い学習塾はもちろん、1対2や1対3の形でも他に生徒がいれば理解度の差が生じる可能性もあります。

また、本人も他の子との授業をいやがることもあるでしょう。 そうした点を考慮すれば、1対1で学べる家庭教師はその子にとってベストな環境とも言えます。 ある程度の条件が許せば家庭教師は子どもにとってメリットが多いのではないでしょうか。 それでは、家庭教師を選ぶ場合はどのようなところを重視し、どう選んだら良いのでしょうか。

やはり家庭教師が安心

なぜ家庭教師良いの?

家庭教師が合う場合

家庭教師の選び方

リンク集

サイトマップ