なぜ家庭教師良いの?

学校以外の学習の重要性を考えた場合、なにを選べばよいのかわからないという話しはよく耳にします。 家庭学習を自分以外で行う方法として主にあげられるのが学習塾、通信教育、家庭教師の3つでしょう。 それぞれにメリット、デメリットがあります。 自己学習の要素が強い通信教育は他の2つと内容がかなり異なるので別ですが、 学習塾と家庭教師では教わるということについてどこが違うのでしょうか。

最近の学習塾の問題点として、教室内が騒がしいということを耳にします。 少子化にともない学習塾に通う子どもが増え、教室内に知っている子が多く集中力を欠いてしまうことも原因の1つと言われています。 人数が多くなれば、子どもたちの学習意欲の差もでてきます。 真面目に一生懸命やろうとしている子にとってはあまり良くない環境と言えます。 そうした子どもには1対1で接する家庭教師の方が合っているのではないでしょうか。 他の子がいると勉強に集中できないという子も中にはいます。その場合も、やはり家庭教師の方が良いといえます。

では、家庭教師はどういう子どもに向いているのでしょうか。 確かに子どもの能力は把握しやすいし、個人々々に合った学習速度で教えてもらえます。 しかし、最近では学習塾でも少人数制が主流になり、1対2や1対3で教えるところが多くなってきました。 それを考えれば、費用が掛かる家庭教師の必要性もなくなってしまいます。次ぎに、そのことについて少し考えてみましょう。

やはり家庭教師が安心

なぜ家庭教師良いの?

家庭教師が合う場合

家庭教師の選び方

リンク集

サイトマップ